青山学院大学キャンパス紹介

17号館

17号館は青山キャンパスで最も新しく建築された施設であり、その設備は大学生活において最上級に快適といえるものであります。ベーシックで多くの学生が履修する授業のための大教室から、専門的な研究やゼミなどで利用できる小教室までが数多くあります。また大教室にはすべての学生がしっかりと見えるように四つのプロジェクターが備えられており、スクリーンに映し出される各種資料を快適にみながら講義に参加することが可能です。17号館を代表する施設に本多記念国際会議場があります。約600人を収容でき授業だけでなく、各界の著名人による講演会が行われることも多くあります。

17号館8階からの眺望

17号館の高層階からは青山とその周辺の街を一望することができます。北側ベンチに座れば、青山通りがすぐそこを走っています。通りを行き交う人々やせわしなく通り過ぎる車、そして通りに面して建つ様々なビルの風景があります。たまには景色を眺めながら街の雰囲気を楽しんだり、考えごとをしたりするのもいいですね。青山ならではのランドスケープです。晴れた日には新宿の高層ビル群まで見渡すことができます。南側ベンチからの景色を見渡せば南青山周辺の静かな街並みが広がっています。低層建築物が中心の瀟洒な街と空の表情のコントラストを楽しむことができるでしょう。雲の流れを見ながら友達と談笑するのもよし、梅雨時には雨の音に耳を傾けながら腰掛けるのもいいですね。視線をキャンパスの中に戻してみると、17号館の高層階は、青山学院の敷地を鳥瞰できるスポットでもあります。普段は正面から見ることが多いキャンパス内の各種施設も、鳥の目から眺めると違った表情を見せてくれます。時には階段を降りる前に足をとめてみましょう。新しい発見が待っていますよ。

青山学院チャットルーム

青山学院チャットルームは、青山学院大学に在籍する留学生が担当するチャットリーダーと、英語・中国語・韓国語によるコミュニケーションを通じて、国際交流をはかる広場です。留学生と日本人学生がお茶を飲みながら話したり、ゲームなどをしたりしながら留学生と交流を深めるコーヒーミーティングを始めとした様々なイベントが行われています。リノベーションされた綺麗な建物の室内はカラフルな壁紙の楽しい空間で、学生の楽しい話し声が聞こえてきます。ひとたびチャットルームに足を踏み入れれば、世界への扉が開かれます。グローバルなコミュニケーション力を高め、異文化を理解・尊重した上で自信をもって発言・行動できるようになれば、学生生活はより豊かなものになります。青山学院大学は世界各地の約80大学との間で交換協定を締結しています。一定の条件を満たしている学生は協定校への交換留学をすることができます。協定校への留学以外にも、認定校への留学、各種短期留学プログラムなど、多様な留学機会が設けられています。

青山学院大学キャンパス紹介 2