経営学会

経営学会では「青山経営論集」という論文集を年4回、定期的に発行しています。その他にも特集号や別冊といった形での「青山経営論集」も刊行しています。「経営論集」は、学生の皆さんが経営学部の教員がどのような専門分野の研究に取り組んでいるかを体感するための最も身近なメディアといってよいでしょう。ゼミ選びを行なうとき、卒業論文のテーマ探しやテーマの背景を理解するとき、さらには卒業論文や修士論文を作成するときなどにも参考にすることができます。経営学会では、在学生の皆さんに対して「青山経営論集」の無料配布をおこなっています。また、経営学会では学部の授業やゼミ、大学院の研究室などを通じて個人研究・グループ研究に取り組んでいる学生の皆さんが日頃の研究の成果を発表し、広く評価を受ける場として「学生懸賞論文」制度を設けています。毎年秋にこうした学生の皆さんによる経営にかんする諸領域のテーマを取り上げた論文を募集し、優秀な論文には学業奨励のための賞金が授与されるだけでなく、「学生懸賞論文集」への本文あるいは要旨の掲載がおこなわれます。学生懸賞論文の応募資格は、学部1年生から4年生、大学院博士前期課程在学生に与えられています。

経営学会