経営学科

現実の企業で起きている問題を取り上げ、
理論的かつ実践的な研究を行う

経営活動を多角的・多元的に思考する

経営学科では、経営学およびその隣接領域に関する専門知識の習得と将来の企業リーダーや経営管理のプロフェッショナル育成を目指しています。近年の企業社会の抱える課題は複雑で、端的なアプローチではなかなか解決には至りません。その課題に対して、さまざまな視点からアプローチしていくことが求められています。経営学科では、戦略的視点、組織論的視点、財務的視点などを駆使して経営課題に立ち向かうことのできる人材を育成します。入学後すぐに取り組むことになるマネジメントゲームもその教育の一つです。戦略策定、製品開発、人材育成・管理、財務管理や流通といった諸活動の仕組みを、ゲームを通じて体験し、体得できるようになります。

理論と実践の両輪を回していく

そもそも経営学は実践的な学問です。実際の企業経営に適用できなければ学ぶ意味がありません。そこで、経営学科では「頭を働かせる教育」と「手と口を動かす教育」を両輪としてカリキュラムを構築しています。体系的に多くの分野にわかれる経営学の諸理論を学習することが頭を働かせる教育であれば、実際に手を動かして経営データの収集と分析を行い、その分析結果に基づき口を動かして意思決定を説明するのが手と口を動かす教育ということになります。2020年度に新設されるEbM(Evidence based Management)教育プログラムはその典型です。理系学部とは異なる経営学部ならではのデータサイエンス教育を展開するなかで、理論と実践の両輪を駆動していきます。

  • 講義紹介マネジメントゲーム

    経営学科では、企業経営に親しむための独自のシミュレーションゲームを開発し、1年生の必修科目「マネジメント基礎A」に取り入れています。このゲームは学生ひとり一人がメーカー企業を経営し、株価で順位を競い合うものです。

    詳しくはこちら

  • 講義紹介会計情報論I

    企業内部の視点から、会計情報がどのように活用されているかについて学んでいきます。具体的には、戦略と会計情報の関係に注目し、戦略の策定や遂行のために用いられる管理会計技法についてみていきます。

    詳しくはこちら

  • 講義紹介比較経営論

    グローバル化が進む社会や経済の中で、企業がどのように競争し、成長していくべきかという問題を、日本企業と他国のグローバル企業とをさまざまな視点で比較しながら考え、理解していきます。

    詳しくはこちら

  • ゼミで学ぶ Q&A高橋ゼミ

    リクルート、楽天、セブン・イレブン、山崎製パンなどとコラボレーションし、実際に商品開発やマーケティング活動を行っています。

    詳しくはこちら

カリキュラムの特徴

1・2年次は履修選択の幅を小さくし、徹底した導入教育

1年次には英語のほか、4年間の学習へのステップとなるように、戦略や組織管理に関連したマネジメント基礎、そして会計学の導入科目となるアカウンティング基礎を必修科目として設置しています。これらをきちんと学習したうえで、主に2年次には、戦略、組織、財務・管理会計、マーケティング、流通の各分野の基礎固めとして、B群科目(基幹科目)の24科目の中から8科目以上を選択し学ぶことになります。1・2年次は履修選択の幅を小さくすることで、徹底した導入教育が受けられるようになっています。その中で、自分の専門分野を決めていきます。

3・4年次では、ゼミを中心として自分にあった学びを深く

応用科目を履修する3・4年次では実に多くの専門科目から自由に選択することが可能となります。なかでも中心となるのは経営演習、いわゆるゼミです。自分にあった専門分野を定め、それをテーマとするゼミを受講し、卒業論文を作成していきます。科目選択は自由ですが、実際には自身の専門分野に沿った科目を履修することになるでしょう。

将来のキャリアを見据えた、4つの履修モデルを設定

経営学科では4つの履修モデルを提案しています。(1)企業の中核的リーダーを目指す戦略・マネジメント、(2)経営データ分析の専門家を目指すEbM(Evidence based Management)、(3)財務管理の専門家を目指す会計、そして(4)企業・財務分析です。このように、将来のキャリアを見据えながら専門分野を決めていくことを勧めています。

履修モデル・主要科目について