マーケティング学科

さまざまな情報が行き交う地「青山」で、
新しい時代のマーケティングを学ぶ

創設時からの愛称、「青山マーケティング」

2009年にマーケティング学科を創設したときから、私たちは「青山マーケティング」という愛称を大切に育んでいます。「青山」には颯爽としたブランドストリートがあるだけではなく、そこから生まれるさまざまなムーブメントは、時としてビジネスや生活に大きな影響を与えていきます。私たち青山学院大学マーケティング学科のミッションは、人間の幸福を中心においた、企業と生活者の幸せなコミュニティづくりにあります。

広がるマーケティングの新たなステージ

マーケティングの基本となる考え方は、企業が消費者ニーズや顧客の視点から製品やサービスを提供することです。一般的には企業戦略の核として考えられていますが、見方によっては、あらゆる組織のコミュニケーションを円滑にするための活動とも考えられるのです。ビジネスとしての企業活動だけでなく、教育、芸術、スポーツ、政治といったさまざまな分野へ、マーケティングの新たな活躍のステージは広がっています。

時代にマッチしたマーケティングを体系的に

経済・社会・技術の変化により、マーケティングの課題も変化します。そうした時代の要請に応じてマーケティング論で取り上げるべき内容を複数の専任教員で話し合い、吟味しています。また、マーケティング実務に携わるゲストスピーカーを招いたり、身近な企業の事例を紹介することで、現実的なマーケティング課題の解決に、講義で学んだ概念や理論がどのように役立つかを体感できるようにしています。

  • 講義紹介マーケティング・ベーシックスA

    「このブランドの若者世代における売上をさらに拡大するにはどうすべきか?」マーケティング学科に入学後、全員が取り組む必修科目「マーケティング・ベーシックスA」は、協力企業からの課題に対して、チームで企画を検討し、企業担当者に向けて発表する、学生参加型のPBL(Project Based Learning)形式の授業です。

    詳しくはこちら

  • 講義紹介広告コミュニケーション

    私たちの周りには数多くの広告があります。また広告だけでなく、店頭でのプロモーションやインターネットでのキャンペーンも盛んです。これらを併せて広告コミュニケーションといいます。

    詳しくはこちら

  • 講義紹介消費者行動論

    消費者の行動や心理状態をよく知らなければ、企業は「欲しい」「買いたい」という気持ちをくすぐることはできません。この講義では、こうした消費者の行動や心理状態にスポットをあて、消費者行動を理解するとともに、消費者の視点からマーケティングを眺められるようになることを主たる目的としています。

    詳しくはこちら

  • ゼミで学ぶ Q&A横山ゼミ

    データサイエンスに注目が集まっている現状を踏まえ、本ゼミではマーケティングにおけるデータ分析をテーマとしています。

    詳しくはこちら

カリキュラムの特徴

1年次にはマーケティングへの興味喚起

1年次前期には少人数のグループで必要な専門知識を学びながら現実の問題について考えるPBL(Project Based Learning)形式の授業を導入しています。ここでは、実際に販売されている商品やサービスを対象にし、そのマーケティング上の課題を少人数のグループで議論し、報告や提案を行い、その後の学習への意欲喚起につなげます。また、1年次後期にはマーケティングに欠かせないデータ分析の基礎を表計算ソフトを使った実習で学びます。

2年次から「青山マーケティング」の基礎を習得

マーケティング学科の「マーケティング論Ⅰ・Ⅱ」は、「青山マーケティング」を学ぶために不可欠な必修科目で、2年次に設置されています。1クラスあたりの受講者数を制限し、専任教員が責任をもって丁寧な指導を行います。学生と教員の距離が近く、学生からの提案が課外活動として発展することもめずらしくはありません。

自分に合った学びのための、3つの履修モデル

マーケティング学科では次の3つの履修モデルを提案しています。(1)マーケティングの基本を深く学ぶ「マーケティング」、(2)小売やサービスなどについて専門的に学ぶ「流通・サービス」、(3)企業全体の観点からマーケティングを考える「経営戦略とマーケティング」です。これら3つのモデルを参考にしながら、学生自身の興味や将来に応じた柔軟な履修を勧めています。

履修モデル・主要科目について